偏愛ログ

偏ってます。

わたし的スピッツ「フェスティバリーナ」見どころ

今年はじめての投稿。毎月記事を書くという当初の目標はどこへやら。ゆるめに見てくださいまし、すみません。


さて、スピッツファンにとって2016年はスピッツと一緒にはじまった年になったのではないだろうか。その理由は2016.01.01に発売された「THE GREAT JAMBOREE 2014“FESTIVARENA”日本武道館。“2014年”ということでこれももう2年前かーとなんだか感慨深い。うむ。

このフェスティバリーナは全国10公演におよぶアリーナツアーで、スピッツ初の日本武道館単独ライブを行った記念すべきツアーとしてもファンの記憶に深く刻まれた。スピッツほどメジャーなバンドなら、とっくの前に日本武道館でライブをしてそうだけど、草野マサムネの天邪鬼(?)な性格もあってか、これまでは何となしに日本武道館での演奏は避けてきたんだとか。
spitz.r-s.co.jp

|昔の名曲も演奏

スピッツの最新アルバム「小さな生き物」を引っ提げての「ちいものツアー」ももちろん楽しかったけど、フェスティバリーナは昔の曲も演奏してくれて、それがかなり魅力的だった。スピッツファンあるあるの1つ、スピッツは曲が多すぎてライブでお目見えできない曲がたくさんある問題。アレもコレも、まだまだ聞きたい曲があるけど、果たしてこの先聞くことができるのか? と私もヒヤヒヤしている。

JAMBOREE 3 “小さな生き物” [DVD]

JAMBOREE 3 “小さな生き物” [DVD]

そんなわけで、今回はいつも以上にアツい思いを持ってライブ会場へ足を運んだファンが多かったんじゃないかと。

|なかなか開封できない問題

ファンが全員そういうわけじゃないと思うけど、DVDが自宅に届き梱包を開けた瞬間……当時を思い出し胸いっぱいに。その先が開けられない! 見たら絶対にライブに行きたくなるし、どうしよう! ※ただ今スピッツは新曲制作中のためしばらくライブがない

f:id:syk77jp:20160214112933j:plain

そんなもじもじ期間を2週間ほど経て、やっとこさ開封(早く開けろよ)。その後はあの日を思い出し“ぐふふ”“スピッツ最高”の連続。

|わたし的ヒットパーソンは崎ちゃんとテッチャン

無邪気な笑顔や、後ろでマイクなしのまま歌詞を口ずさむ様子。そして華麗なドラムさばきに惚れ惚れする崎ちゃん。そして白魚のような手で弾くギターに釘付けにさせるテッチャン。この2人がわたし的ヒットパーソンだった。カメラワークもそんな感じだと思う。

特にテッチャンについては、おそらくギターの技術はそこまでビックリするものではないと思う(あくまでもプロのレベルで、という話)。でも、あの優しい弾き方がスピッツの演奏にはぴったりで、やっぱり唯一無二の存在だと思った。ひゅ~。

|見どころ

では、わたし的「フェスティバリーナ」の見どころをピックアップしていこう。

  • 衣装
    • 今回は「ボタニカル」がテーマだったらしい
    • テッチャンが「メンバーで共通のテーマを持とう」と言ってそうなったらしい
  • 僕の天使マリ
    • 口パクで歌詞を口ずさむ崎ちゃんがとにかく楽しそう
    • テッチャンの間奏で沖縄に行ったような気分に
  • ラズベリー
    • 冒頭の草野マサムネの「ジャジャジャンジャーン」というギターの弾き方が特徴的
    • リーダーの首傾けぺこりにテンションの上がり具合を感じる
  • フェイクファー
    • 冒頭の歌詞に合わせてギターネックを揺らす草野マサムネに気持ちを感じるぞ
  • エスカルゴ
    • 冒頭の草野マサムネのギターネックぐいぐい
    • 半ばテッチャンの音だけになるところで崎ちゃんの無邪気な笑顔が光る
  • ヒバリのこころ
    • 右上シンバルを軽やかに叩く崎ちゃん
  • ハニーハニー
    • 崎ちゃんのドラムが愉快で冒頭から盛り上げてくれる
  • 8823
    • 崎ちゃんの口パク口ずさみ、そしてドラムさばき
    • リーダーは安定の飛び跳ね具合
    • ここから草野マサムネの手振りが増える
  • 野生のポルカ
    • クージーも楽しそう
    • テッチャンのりのり
  • トンガリ95
    • ここまでくると崎ちゃんの笑顔がもはや仏のように見える
  • バニーガール
    • オンリーユーの草野の手振りがダサくていい
    • 合間のリーダーのベースがよい

|再認識された昔の名曲

どれもよかったけど、「プール/フェイクファー/夏の魔物」の流れは鳥肌ものだった。どれも15年以上前の曲だけど、あらためてその良さに気付かされた(プール:名前をつけてやる('91)、フェイクファー:フェイクファー('98)、夏の魔物スピッツ('91))。

スピッツの曲は20年前のものでも新鮮な気持ちで聞けることも特長の1つだと思う。

|平穏な日々

DVDを見たらライブに行きたい病が発症するかと思ったけど、まだまだこのDVDだけで十分に楽しめそう。ということで、しばらくはライブがなくても大丈夫かも。ライブがはじまればはじまったで、チケットが取れるかどうかヒヤヒヤして気持ちが落ち着かないので。悩ましい。

春になるまでまったりといきましょう。そうしましょう。

ほな。